menu
閉じる
  1. 再発しやすいヘルペスとその治療薬について
  2. 性病の種類と治療方法の紹介
  3. 感染者数が多い性病といえばクラミジア
閉じる

HIVウイルスに感染しただけでは死に至らない

よく間違われますがHIVとエイズは関係していますが同じものではありません。
HIVはヒト免疫不全ウイルスと呼ばれるもので免疫に必要となるTリンパ球やマクロファージなどの細胞に感染することで免疫機能を徐々に弱らせて行きます。
人は外部から侵入するさまざまなウイルスや微生物から免疫機能によって体を守っています。
もし免疫機能が正しく働かない場合にはウィルスや微生物に感染するリスクが高くなります。
HIVに感染することで普段は免疫力で防いでいる病原体に感染してしまう無防備な体になることになります。
HIVは感染者からの血液感染や母子感染もありますが主に性行為によって感染します。

エイズは後天性免疫不全症候群を示す英単語の頭文字をとった略語です。
23の疾患が指標として定義されていて、HIVの感染者がそれらのいずれかを発症した状態をエイズと言います。
つまりHIVに感染することはエイズになる恐れのある状況ということです。
HIVの感染を治療することはできませんが、感染したままで免疫力を高めることでエイズになることはありません。
エイズと診断されるのは23の合併症が指標として定義されています。その疾患を総称してエイズ指標疾患と呼びます。

抗HIV薬を服用することでHIVの量を抑えて、免疫力を回復し、それを維持することができます。
免疫力が普段の状態に近づけて維持できれば病気に感染しにくくなり、エイズ指標疾患への発症も予防することができます。
抗HIV薬を服用することが遅くなればなるほどリスクは高くなります。そのためにも早期治療が必要です。

HIVになったからと言って必ずエイズになると言うわけではありません。
エイズ指標疾患を1つ以上発症しない限りエイズとは認められません。
抗HIV薬によって早期治療をすることで免疫力を高めてエイズになることを予防できます。
そのためにはHIVに感染していることを早期発見する必要があります。

エイズ指標疾患とは?

エイズ指標疾患は23種類の疾患があります。いずれか一つ以上を発症することでエイズとなります。
それぞれの疾患は原因によって6類型に分けることができます。
HIVは感染してからエイズ指標疾患を発症するまでに数年から10年以上かかると言われています。
その間を何も症状がないことから無症候期と言います。

エイズ指標疾患は真菌症、原虫症、細菌感染症、ウィルス感染症、悪性腫瘍、その他に分けることができます。
真菌症はカビを原因とする疾患でカンジダ症、クリプトコッカス症、コクシジオイデス症、ヒストプラズマ症、ニューモシスチス肺炎などがあります。

原虫症は、クリプトスポリジウム症やイソスポラ症など下痢を伴う症状です。
生後1ヶ月以後のトキソプラズマ症も含まれます。
細菌感染症は、サルモネラ菌血症や活動性結核、非結核性抗酸菌症などが該当し、13歳未満の場合は化膿性細菌感染症も該当します。

ウイルス感染症は、粘膜、皮膚の潰瘍を呈するものや進行性多巣性白質脳症、生後1ヶ月以後のサイトメガロウイルス感染症があります。
悪性腫瘍はカポジ肉腫、原発性脳リンパ腫、非ホジキンリンパ腫、女性の浸潤性子宮頚癌があります。
その他分類されないものとして反復性肺炎やリンパ性間質性肺炎、HIV脳症、HIV消耗性症候群となっています。

免疫機能が正常であればこれらの疾患は防ぐことができます。
HIVの感染と言う環境で酢特定のリンパ球が破壊された状態では防ぐことができません。
HIVに感染した人がエイズになる割合は50%です。抗HIV薬の効果がそれだけあると言うことです。
気がつかないことで発症するリスクがあります。早期発見がその後の進行を抑えることになります。

おすすめ記事

  1. 再発しやすいヘルペスとその治療薬について
  2. 感染者数が多い性病といえばクラミジア
  3. 性病の種類と治療方法の紹介
ピックアップ記事
  1. よく間違われますがHIVとエイズは関係していますが同じものではありません。HIVはヒト免疫不全ウ…
  2. ベセルナクリームという尖圭コンジローマに効果的な薬です。尖圭コンジローマになってしまう原因として…
  3. ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス1型や2型に感染する事で発症する感染症です。現在の抗生物質ではヘ…
ページ上部へ戻る