menu
閉じる
  1. 再発しやすいヘルペスとその治療薬について
  2. 感染者数が多い性病といえばクラミジア
  3. 性病の種類と治療方法の紹介
閉じる

性病の種類と治療方法の紹介

性病の種類と治療方法の紹介

性病に感染している人が増えていることが、近年、問題になっています。
はっきりと自覚できるような症状がない性病もあるために、感染に気が付かずに放置してしまったり、パートナーにうつしてしまったりするケースが後を絶ちません。
また、性的な行為をしなくても罹患する性病にカテゴライズされている種類の病気もあるので、気になる症状があれば早めに病院で診断を受けた方が良いです。

トリコモナスと、カンジダは感染しやすい膣の病気です。
分かりやすいポイントは、おりものとかゆみにあります。
おりものが白く固まっている状態になっていたり、量が多いと感じたりするならばトリコモナスやカンジダなどの症状である恐れがあります。
以前と比べて、おりものからの臭いが強くなっている、色が違うということも気にしたい点です。

かゆみが伴うことも特徴で、膣の中だけには限らずその周辺に強烈なかゆみを感じることが頻繁にあるならば要注意です。
常にかゆいとは限らないので、かゆみがないときがあっても断続的にかゆみがあるならばトリコモナスやカンジダなどの病気である可能性があります。

トリコモナスもカンジダも、薬で治療を行います。内服薬か外用薬かは症状や医師の判断によります。
妊娠中は免疫力が減退するため、性的な行為をしなくてもカンジダに罹患するケースがあります。
妊婦さん用の薬もあるので、かゆみやおりものに異変を感じたらすぐに医師に相談することが大切です。
薬の種類は、トリコモナスはフラジール、カンジダはエンペシドクリームやフォルカンを処方されることが多いようです。
なるべく外用薬で治したいと思っても、内服薬を処方されることもあります。
要望を伝えながら、どうしてもこの薬を服用するように指示をされたならば、納得できる説明をしてもらい自己判断で使用をやめないようにしましょう。

再発することもあるので、決められた期間、薬を服用することが必要です。
症状が改善しないならば、治るまで診療を受けるようにすると良いでしょう。

性行為が無くても感染するトリコモナスやカンジダとは

トリコモナスは病原菌であるトリコモナス原虫に感染することで発症する性病種類の1つになります。
男性と比べて女性の方が発症率が高いです。

感染をしてしまうと、性器に違和感を感じたり、おりものに異常が見られたり、不正出血、かゆみ、尿道などと様々な症状が見られます。

トリコモナスが感染する経路としては、公衆のトイレ、トイレのウォッシュ、浴槽の椅子、家族で共用して使っているタオル、水着や下着の使いまわりになります。
これらの感染経路は、まだ幼い子どもが生活をしているだけで突然感染してしまうケースもあります。
幼い子どもだと、うまくトイレに座れないため便座に陰部を直接くっつけてしまい、そこから感染したりもします。

カンジダは、5人に1人は発症する身近な病気です。
性器に発症する事が多いことから性病と誤解されがちですが、性行為に関係なく誰でも発症する可能性があります。
感染経路としては、タオルの共用やストレスや疲労、睡眠不足生活をリズムの崩れなどで免疫力が低下した時には発症してしまいます。

トリコモナス、カンジダに感染してしまった場合には薬を使って治療をしないといけません。
トリコモナスの治療方法としては、フラジールという内服薬を10日間処方されるので服用をします。
かゆみが酷いなどの症状があったりすると外服薬も処方されます。

カンジダの治療方法としては、フォルカンという内服薬を3日から5日間処方されます。
症状が酷い場合には、2週間から1ヶ月ほど飲み続けないといけない場合もあります。
その他にも、エンベシドクリームという外用薬があり、1日に2回から3回患部に塗ります。
患部を清潔にしてから塗るようにすることが大切です。

おすすめ記事

  1. 再発しやすいヘルペスとその治療薬について
  2. 感染者数が多い性病といえばクラミジア
  3. 性病の種類と治療方法の紹介
ピックアップ記事
  1. 性病治療薬はジェネリック医薬品を使用するとコストが下がるためおすすめです。インターネット上の通販…
  2. よく間違われますがHIVとエイズは関係していますが同じものではありません。HIVはヒト免疫不全ウ…
  3. ベセルナクリームという尖圭コンジローマに効果的な薬です。尖圭コンジローマになってしまう原因として…
ページ上部へ戻る